新築ホームインスペクションの費用相場

新築ホームインスペクションの費用相場

ホームインスペクションの費用はその建物によってまちまちであり、一概に費用相場を明確にする事は難しいものとなっています。
しかし新築の場合には評価しなければいけない部分はある程度決まっていることから、中古住宅を行う場合に比べて比較的安い費用となっていることが一般的です。
ホームインスペクションは行う鑑定士によってもチェックするポイントが異なるため、これで金額が変化すると言うことが少なくありません。
一般的にはその外観と床下等の見えない部分で必要な部分を確認し、これをもとに判断をすることが多いのですが、特に構造に関わる部分で入念な確認をすることが必要となります。
新築のホームインスペクションでは作業工程の分析や使用している木材の種類など、様々な設計資料をもとにおおまかな判断を行い、同時に実際に目視で設計通りの材料が使用され、その構造が実現されていることを確認する場合が多くなっています。
そのホームインスペクションの費用相場は、それぞれの状況で異なるのが通常です。

ホームインスペクションの費用は惜しまないことが大事

住宅診断を意味するホームインスペクションは、日本でも認知されたり浸透し始めていますが、やはり安心して住む為には費用を惜しまないことが大事なポイントとなるのではないでしょうか。
いくら信頼できる工務店やハウスメーカーに依頼しても、100%完璧なものに仕上がるとは限らないのが住宅です。
人が手作業で建築を行うわけですから、時にミスが発生したり手抜きが行われることもあるわけです。
勿論、意図的な手抜きは許されませんが、ミスに気がつかないまま住宅に不備が残っていることもないとはいえないです。
ホームインスペクションはまさに、住宅に潜む問題の洗い出しに有効なやり方で、有資格者によって診断が行われる安心の方法です。
建築の知識を持たない人は、家の評価を目に見える部分で行いますが、ホームインスペクションでは天井裏や床下を含めて、普段目にしないところも専門家の目で調べられます。
つまりホームインスペクションは家の健康診断みたいなもので、費用を掛けてでも相談したり任せる価値があるといえるのではないでしょうか。

に関する情報サイト
ホームインスペクションのお役立ち情報

ホームインスペクションとは住宅診断のことを言います。
住宅に精通したホームインスペクターが利害関係のない立場から住宅を分析し、劣化の状況や欠陥の有無などを判断します。
改修すべきポイントなどを報告していき、住宅の安全を守る役割を担うことになります。
日本でも今や珍しくありませんが、アメリカではすでに8割ほどの家においてこの診断が実施されています。
日本では2018年4月からこの制度の説明が義務化されました。

Search