新築ホームインスペクションの依頼先を選ぶ際のポイント

新築ホームインスペクションの依頼先を選ぶ際のポイント

新築住宅にホームインスペクションをする必要がある、そんな場合はしっかりと比較をして依頼先を選ぶことが大切です。
ホームインスペクション業者を比較する際には、まず一級建築士が在籍しているかどうかをチェックしましょう。
住宅診断に関わる資格は多数あり、民間によって独自運営されているものもあります。
一級建築士は国家資格ですので、信頼性の高い基準の一つだといえるでしょう。
業者にホームインスペクションを依頼するメリットの一つは、建築会社の意識を高め、ミスを抑止することにあります。
このため、依頼先と施工会社の距離が近すぎないか、という点もチェックすることが大切です。
もしも万が一、両者に癒着があれば、検査をするメリットが損なわれてしまいます。
ホームインスペクション業者には、第三者として検査を適正に行ってもらう必要があるのです。
その他にも実績や専門性の高さなど、様々な点から信頼性を判断し、頼りになる業者を選択しましょう。

第三者性が重要なホームインスペクションとは

ホームインスペクションとは住宅診断と訳される、新築や中古の住宅の施工や劣化状況や欠陥があるかどうか改修すべき箇所を正確に診断する為の検査のことを言います。
客観的な検査が必要で中立的な立場の第三者性が、重要なポイントとなります。
ホームインスペクションは、住宅について精通している診断士が第三者的な立場から、専門的なチェックを行います。
ホームインスペクションが実施されるタイミングは、物件の売買が行われる時で家を売りたいという人が今の住宅の状況を把握して問題がない状態で有利に売却を行いたいと考える人が検査を依頼します。
住宅の状況に合わせた価格設定をすることで、引き渡し後のトラブルを避ける為に有効です。
日本では2018年から中古物件を取引する際にホームインスペクションの説明が義務化されていて、信頼出来る会社へ依頼して検査を行ってもらうことが大切です。
目視による屋根や外壁や室内や、床下の劣化状況を診断するのが基本的な検査内容です。

に関する情報サイト
ホームインスペクションのお役立ち情報

ホームインスペクションとは住宅診断のことを言います。
住宅に精通したホームインスペクターが利害関係のない立場から住宅を分析し、劣化の状況や欠陥の有無などを判断します。
改修すべきポイントなどを報告していき、住宅の安全を守る役割を担うことになります。
日本でも今や珍しくありませんが、アメリカではすでに8割ほどの家においてこの診断が実施されています。
日本では2018年4月からこの制度の説明が義務化されました。

Search