ホームインスペクションのお役立ち情報!新築住宅でも必要な理由や依頼先の選び方などをご紹介

ホームインスペクションとは住宅診断のことを言います。
住宅に精通したホームインスペクターが利害関係のない立場から住宅を分析し、劣化の状況や欠陥の有無などを判断します。
改修すべきポイントなどを報告していき、住宅の安全を守る役割を担うことになります。
日本でも今や珍しくありませんが、アメリカではすでに8割ほどの家においてこの診断が実施されています。
日本では2018年4月からこの制度の説明が義務化されました。

ホームインスペクションのお役立ち情報!新築住宅でも必要な理由や依頼先の選び方などをご紹介

新築で建てた住宅がどのくらいの状態を保っているのか気になる方も多いかもしれません。
そこでお勧めなのがホームインスペクションを利用することです。
ホームインスペクションとは平たく言うと住宅診断のことであり、第三者的視点からアドバイスなどを受けることが出来ます。
住宅に長く住み続けたいという方にとっては非常に有意義なお役立ち情報です。
昨今では災害リスクについての説明を受けられることが人気へとつながっています。

新築住宅でもホームインスペクションが必要な理由とは?

ホームインスペクションは中古住宅に行なうというイメージを持たれることもありますが、新築だからこそ必要な選択でもあるのです。
というのも新築住宅の中には、欠陥を抱えている物件や図面と異なる仕上がりになっているケースがあるからです。
そういった時のために新築には保証が付けられていますが、ただ、保証が必ずしも適用されるとは限りません。
保証対象外の欠陥だったり、あるいは販売会社が瑕疵を認めなかったりすることもあるからです。
実際、業者に対応をしてもらうことができず、裁判にまで発展するケースもありますし、夢のマイホームでの生活スタートが大きく躓いてしまうことになりかねません。
そのようなトラブルを回避するという理由でも重要なのが、ホームインスペクションです。
もし契約前なら購入をせずに済ませることができ、第三者に介入をしてもらうことでトラブルも解消しやすくなるはずです。
安心をして暮らし始めるためにも、積極的な住宅診断が推奨されます。

新築ホームインスペクションで調査する内容

新築住宅のホームインスペクションは、床下の基礎から屋根まで多岐にわたります。
まず基礎はひび割れがないか、仕上げ材の剥離がないかなどの観点でチェックします。
外壁もひび割れが大切な調査内容であり、腐食や浮きなども確認します。
水を遮るシーリング材に破断がないかもチェック項目です。
屋根は表面から確認できることと、その下の防水層の調査もあります。
まず屋根材の腐食や欠損、ズレなどを見ます。
それらがあれば雨から建物を守る機能が損なわれますから必要です。
防水層の破断と水切り金属部のサビや腐食を見ることも重要です。
屋根の一部とされることもありますが、軒裏もトラブルが多い箇所です。
漏水跡や浮き、はがれなどを見逃すわけにはいきません。
ここにある換気口の状態も見る必要があります。
雨樋もトラブルが多い点であり、ここのひび割れや詰まりなどもホームインスペクションの調査内容です。
外構だとブロック塀の強度や門扉の建て付けなどが重要です。
さらに玄関ポーチ周辺の仕上げもチェック項目となっています。

新築住宅でホームインスペクションを依頼するメリット

新築住宅だからこそホームインスペクションを依頼することで、自分が所有する不動産の価値向上にもつながり、知らなかった事も理解できる場面が出てきます。
自分では判断がつかない瑕疵についてもホームインスペクションを利用すれば発見できたり、施工会社に対しても有利に働くことが多いメリットのある依頼です。
ホームインスペクションと言っても診断する場合、精密機器や工具が一通り必要になりますので、それを全て自分で買うのもかなりの出費になり、もしかしたら一回しか使わない機器を買う羽目になってしまうかもしれません。
その点においても診断依頼をするメリットはあるのではないでしょうか。
診断する側は見るところが根本的に違います。
隠ぺいされている設備、隠れてしまい見えない部分などを細かくチェックして行きます。
かなりの項目をチェックしないと解答が出せない内容です。
今までの見てきた物件数でここがいつも弱いところとかを熟知しているので、見逃しはありません。

新築ホームインスペクションを実施すべきタイミング

新築住宅のホームインスペクションを実施すべきタイミングについて悩んでいる方は多いかと思いますが、完成済みの建売住宅であれば売買契約締結前に依頼するのが最もおすすめです。
万が一住宅に瑕疵や欠陥があったとしても、契約前に実施すれば購入を中止することができます。
契約後でも手遅れではなく、引き渡し前に実施して補修箇所を明確にできれば、建築会社に補修してもらってから引き渡しを受けることが可能です。
建築途中の建売住宅の場合も、基本的には契約前に調査を依頼するのがおすすめです。
建築途中にホームインスペクションを依頼すれば、完成後では確認できない部分までチェックしてもらえるとともに、調査結果を購入の判断材料のひとつにすることもできます。
建設前の新築住宅の場合は、契約後に工事が開始されてから実施するのがベストです。
工事開始後に依頼すれば、完成まで複数回にわたって調査することができるため、瑕疵や欠陥を早い段階で把握することができます。

ホームインスペクションに関する情報サイト
ホームインスペクションのお役立ち情報

ホームインスペクションとは住宅診断のことを言います。
住宅に精通したホームインスペクターが利害関係のない立場から住宅を分析し、劣化の状況や欠陥の有無などを判断します。
改修すべきポイントなどを報告していき、住宅の安全を守る役割を担うことになります。
日本でも今や珍しくありませんが、アメリカではすでに8割ほどの家においてこの診断が実施されています。
日本では2018年4月からこの制度の説明が義務化されました。

Search